おしらせ

シオン園の基本理念

1.一人ひとりの子どもが、自分は愛されるために生まれてきたことを実感できるように寄り添います。

2.一人ひとりの子どもが、自分の尊さに気付き、誇りを持って生活できるように支えます。

3.一人ひとりの子どもが、自分の将来に希望を見出せるよう応援します。

4.一人ひとりの子どもが、神様の愛を知り、その愛を実践する人になるように願います。

基本方針

◎喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい。(慈愛園法人基本聖句)

◎私の兄弟であるこの最も小さい者のひとりにしたのは、わたしにしてくれたことなどなのである。(シオン園基本聖句)

1.私たちは、一人ひとりの子どもが大切にされていることを繰り返し感じられるように言葉をかけ、身だしなみ、時間やお金の使い方等をおろそかにせず、生活の質の向上に努めます。

2.私たちは、専門職業人としてのプロ意識を持ち、いかなる暴力も認めず、関係法規を踏まえ、一人ひとりの権利を擁護します。

3.私たちは、子どもの「今」を過去から未来に向かう大切な起点ととらえ、いつの時も本人の希望を中心に家族や関係者(機関)と連携し、社会的自立に向け支援します。

4.私たちは、子どもの声をもとに実践をデータ化し、PDCAサイクルを繰り返しながら、子どもの最善の利益の為に支援の質の向上に努めます。

5.シオン園は、地域社会の全ての子どもが幸せに育つために関係機関と連携し、前例にこだわることなく地域福祉の充実に取り組みます。

6.私たちは、子どもたちにキリスト教の理念、社会福祉法人慈愛園シオン園の歴史とそれを支えた人たちのことを伝えるために、自分自身が理解を深めます。