施設長挨拶

 春のご挨拶

                                              2020年4月19日
                                                    施設長 久佐賀眞理

 シオン園のホームページを開いてくださった皆様、児童養護施設設に関心を持って下さりありがとうございます
 私たちの施設は、百年の歴史を持つ社会福祉法人慈愛園に属する児童養護施設シオン園です。有明海に面する旧炭鉱の町、熊本県荒尾市にあります。シオン園は今年で児童養護施設の認可を受けて70年が経ちました。戦後の混乱期、大菩提寺のご住職(余田義雄氏)がはじめられた被災者援護の活動が、キリスト教の宣教師モード・パウラスによって事業化され、さらに余田友久をはじめとする荒尾にゆかりのある沢山の働き人の手によって現在に至っています。
 シオン園には、ご家族と離れて暮らす子どもたちが利用する児童養護施設、荒尾中央小学校に通う子どもたちが利用する放課後学童クラブ、育児や自身の育ちにむづかしさを感じている親子の相談にのるキッズ・ケアセンターの3部門があり、非常勤の職員も含めて約50名のスタッフが働いています。子どもたちの歩いてきた道のりを整理し、傷をいやしながら発達を支える人、学校帰りの子どもたちを「お帰り」と迎える人、親子が離れずに済むように虐待を未然に防ぐ人と、その役割は様々ですが、研鑽を積みながら日々を過ごしております。
 理念にも掲げているように、子どもたちが愛されるために生まれてきたことを実感できるために、自分の尊さに気づき誇りを持つために、将来に希望を持つために、神様の存在を知り生き方に取り入れていくために私たちは働いています。ご一緒に働きたい方、ボランティアを希望される方、是非この群れにご参加ください。お待ちしています。

2020年04月19日