シオン園の紹介
 シオン園は、緑豊かな森に囲まれた丘の上にある本体施設定員39名の児童養護施設です。現在は、国が描く社会的養護の将来像に沿って、地域支援、里親支援を実施しています。子ども達が生活をする4つのホームは従来の中舎制ホームを1ホームと、8人を一つの単位とした小規模グループケアを3ホーム、2つの形態での養育を実施しています。また、平成29年度より定員6名の地域小規模児童養護施設を開設しました。
 それぞれの子どものニーズに沿った、安心・安全に基づいた生活の提供を目指していきます。
 
 シオン園は創設以来、イエス様の教えのなかで生活を送っています。子どもが生活をする5つの家(本体4、地域小規模1)は、「ヨセフ」「マリア」「ルツ」「イサク」「エステル」と聖書に登場する人物より名前をいただき、それぞれの家で2歳から18歳までの子どもが生活をしており、そこにはケアワーカーである3~4名の職員が担当として、子どもたちと衣食住をともにしています。
 
写真で紹介


子どもの方へのシオン園の説明です。是非ご覧ください。

シオン園での暮らし


毎日の生活

月~金 土曜日 日曜日・祝祭日
6:30 起床
着替え、身辺整理
7:10 朝食
7:30 登校準備、登校 起床 起床
8:00 朝食 朝食
9:00 園内美化
9:30
10:30 教会学校
12:00 昼食 昼食
13:30 教会礼拝(自由参加)
18:00 夕食 夕食 夕食
19:00 学習
20:00 幼児、小学校低学年就寝 幼児、小学校低学年就寝 幼児、小学校低学年就寝
21:00 小学校高学年就寝 小学校高学年就寝 小学校高学年就寝
22:00 就寝、消灯 就寝、消灯 就寝、消灯


※ここに書かれた「毎日の生活」はあくまで基本となるものです。
※食事はそれぞれのホームでいただきます(朝食はホームでの調理、そのほかは食缶配給となります)
※空いた時間は、自由時間です。
※消灯以降も、学習等必要に応じ個別に対応を行います。



トップページへ